炭山アキラ先生設計の鳥形バックロードホーン「ヒシクイ」降臨!

昨日、炭山アキラ先生設計の鳥形バックロードホーン「ヒシクイ」が当店に降臨しました!

ヒシクイはスワンを使いやすく、小型化したモデルです。リアや天板に開口部のあるスワン型と違い、このヒシクイはフロントに開口部を設けています。

月刊ステレオ2016年2月号に製作記事が載っています。ちょうどフォステクスのバックロード向け限定10㎝フルレンジユニットFE108-Sol(定価19,000円/個)の発売に合わせて設計されたスピーカーですね。

板材は15ミリ厚のMDF合板。設置面積は幅300mm、奥行き330mmと、一般的なフロア型とさほど変わらないサイズに収まっているのが見事。音もこれはまた鳥形の音場感の広がりが素晴らしく、開口部を前面に持ってきたことで、低域の遅れのようなものもほとんど感じることなく、ベースなどの図太い楽器のブルンブルン振える音色も薄っぺらくなることなくキチンと出てくるという、とても聴きどころのある素晴らしいバックロードホーンです。ぜひ聴きに来てくださいね!

6 Shares